まとめ ルミナスウィッチーズのキャラクターモデルを調べてみた



009_201907052203416df.jpg
※あくまで管理人の推測です

001_20190706200641594.jpg
ヴァージニア・ロバートソン(ジニー)

006_20180828202122fde.jpg
【ジニー・ロバートソン】
スコットランドの民謡歌手。スコットランド北東部アバディーンでトラべラー(ジプシー)の家系に生まれ、歌手であった母親やバグパイプ奏者の父親ら家族の影響の下に幼い頃から歌や音楽に親しむ環境で育った。スコットランドの伝承歌の豊富なレパートリーを持ち類稀な歌唱力に恵まれた彼女は、若い頃は地元でのローカルな活動に留まってたものの民俗学者のヘイミシュ・ ヘンダスン教授によって見出され、英国諸島における民俗音楽復興運動の中で一躍名を知られるようになりました。1968年には大英帝国勲章を与えられるなど名実共に20世紀のスコットランドを代表する歌手として現在まで語り継がれている。

002_20190706200640aef.jpg
渋谷 いのり

0009.jpg
【淡谷 のり子】
青森県青森市出身の日本の女性歌手。日本のシャンソン界の先駆者であり、ブルースと名の付く歌謡曲を何曲も歌唱した由縁から「ブルースの女王」と呼ばれた。

a8d620bb93246ae0cc3a9ac2846fad66.jpg
・慰問活動
戦時下で多くの慰問活動を行い「もんぺなんかはいて歌っても誰も喜ばない」「化粧やドレスは贅沢ではなく歌手にとっての戦闘服」という信念の元、その後の第二次世界大戦中には、禁止されていたパーマをかけ、ドレスに身を包み、死地に赴く兵士たちの心を慰めながら歌い送っていた。
「英米人の捕虜がいる場面では日本兵に背をむけ、彼等に向かい敢えて英語で歌唱する」、「恋愛物を多く取り上げる」といった行為の結果、書かされた始末書は数センチもの厚さに達したとのことである。

003_201907062006405d0.jpg
リュドミラ・アンドレエヴナ・ルスラノヴァ(ミラーシャ)

008_20180828203451df9.jpg
【リディア・ルスラノヴァ】
ソ連(当時)で最も人気のあるフォーク歌手の一人。コンサート旅団で1120回もの慰問講演会を開催。ロシア歌曲『カチューシャ』は1938年に彼女によって初演された。 歌詞では出征した恋人を想う少女カチューシャの切ない思いが描写されている。

007_201808282034491db.jpg
▲前線慰問で「カチューシャ」を唄うルスラノヴァ(1941年)

004_20190706200639eb7.jpg
アイラ・ペイヴィッキ・リンナマー

002_20181112215851c05.png
【アッレ・パイヴィオ・リンナマー】
フィンランド空軍のエースパイロット。第28戦隊に所属。モラヌ=ソルニエMS406に搭乗し6機を撃墜した。

003_20181112220418f34.png
On 24 April 1942 he had to make a forced landing in enemy territory . When close to friendil lines Linnamaa stepped on a mine and was wounded. When he heard the voices of an approaching patrol he shot himself rather tahn be captures. Unfortunately for 23-year-old Linnamaa. the patrol turned out to be Finnish.
訳:1942年4月24日、彼は敵の領土に強制着陸しなければなりませんでした。 不時着した際にリンナマーは地雷を踏み怪我をした。彼は自分に近づいてくるパトロールの声を聞き、拳銃で自決した。 不運なことに彼を見つけたパトロールはフィンランド軍であった。

005_20190706200638d35.jpg
エレオノール・ジョヴァンナ・ガション(エリー)

004_201811122124456fb.jpg
【エディット・ジョヴァンナ・ガション】
フランスのシャンソン歌手。フランスで最も愛されている歌手の一人であり、国民的象徴であった。彼女の音楽は傷心的な声を伴った痛切なバラードであり、その悲劇的な生涯を反映していたのが特徴であった。有名な曲としては「ばら色の人生 La vie en rose」(1946年)、「愛の讃歌 Hymne à l’amour」 (1949年)、「ミロール Milord」 (1959年)、「水に流して Non, je ne regrette rien」 (1960年)などがある。

006_201907062006387fd.jpg
マリア・マグダレーネ・ディートリヒ

002_20190422211139d0a.png
【マレーネ・ディートリヒ】
ドイツ出身の女優・歌手。第二次世界大戦中の1943年からは、アメリカ軍のUSO(前線兵士慰問機関)の一員として活動、アメリカ軍兵士の慰問にヨーロッパ各地を巡り、反ドイツの立場を明確にした。戦地で兵士が口ずさんでいた「リリー・マルレーン」をおぼえ、対独放送でも歌った。なお、1944年にはバルジの戦い中のアルデンヌにおいてアメリカ軍の慰問を行った際に急襲してきたドイツ軍に捕えられそうになったが直前に回避し事なきを得た。

007_201907062024251de.jpg
マナイア・マタワウラ・ハト(マナ)

56131651.jpg
【アナ・マタワウラ・ハト】
ニュージーランド出身の歌手。ニュージーランドで商業的にレコーディングされたマオリ族の歌を最初に持ったボーカリストであるといわれています。ハトと彼女のいとこディーンは音楽レッスンを受け地域の集まりや教会、そして観光客のために歌いました。

008_20190531211248ebf.jpg
【キーウィ】
ニュージーランド固有種で国鳥。羽が完全に退化しているため飛ぶことはできない。夜行性のため夜の森を歩きまわり、長い嘴で地面をつついて餌となる虫を捕まえて食べています。

008_201907062029202f5.jpg
シルヴィ・カリエッロ

009_20190706210153fc2.jpg
【シルヴァーナ・フィオレージ】
イタリアの歌手。音楽一家に生まれた。1939年にEIAR(イタリア国営ラジオ放送)のアーティストのためのオーディションの第2回全国大会に参加。Barzizza、Angelini、Kramerが監督するオーケストラとも仕事をし「ラジオのナイチンゲール」と呼ばれる彼女の繊細で響きのある声のおかげで、彼女はすぐにラジオの有名人になりました。

478g9jiw.jpg
▲トリノのEIARにて(1941年2月)

1948年、ラジオ放送の際に空調設備の火事に巻き込まれ有毒ガスを吸って声帯を痛めてしまった。彼女を訪問した最初の医師は悲観的で彼女のキャリアはそこで終わったようでした。しかし、1年間のリハビリで彼女はほぼ完全に元の声に回復し1980年代になっても歌手として活動した。

010_2019070622402193d.jpg
【マリオ ムスカリエッロ】
イタリアのハンドメイドシャツのブランド。ナポリ近郊の町でジュゼッペ・ムスカリエッロ氏により創業した。現在の工房は1964年にスタートしましたが、その系譜は1870年代にまで遡り、当時活躍したシャツ職人である初代から連綿と受け継がれてきた歴史ある一族によるシャツブランドです。



     ____
   /      \
  /  ─    ─\   シルヴィは調査しても『間違いなくこれ!』というモデルが見つかりませんでした
/    (●)  (●) \  【シルヴィ=シルヴァーナ】【ファッション好き「カリエッロ=ムスカリエッロ」】
|       (__人__)    |  ってのは中々いい推理だと思うんだけどな・・・
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





Source link