まとめ 「サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT!」原案に忠実に寄り添いながら各キャラクターの描写が増したリブート作品!



001_20181002141715d4c.jpg
エルマさん可愛い!!!(挨拶)

はい挨拶も終わったところで(?)まず読み終えた感想は
丁寧に原案に沿って作られているというのが第一の印象でした。
故ヤマグチノボル先生の作品を現在のアニメ設定・ワールドウィッチーズ設定に合わせて再構成。戦場となるのは極寒の僻地、共に戦う仲間ははぐれ者・おちこぼれの問題児ばかり。そんな八方塞がりな中、戦果を焦る少女が戦火へとのめり込み、その中で大切なものに気づいていく。
最後には堂々と『いらん子』を名乗る彼女たちの誇りは、のちのプリクエル3巻で『いらん子』をそのまま名乗っている後輩達にもしっかり受け継がれていますね!

また原案に沿っていると書きましたがストーリーの基本の流れは同じながらも、各メンバーのスオムス転属が決まる背景など場面毎に描写が増えてキャラクターに深みも増しています。注目の●●●●●描写は表現が控えめになって【※例えばアホネンがいきなりキスするとか】良くも悪くも尖っていた原典よりマイルドに読みやすくなっていると感じました。

002A_2018093019405324e.jpg
少しまともな性格になった(?)ハルカ
プリクエル3巻から来た人ごめんなさい。これが若かりし頃のハルカ戦闘隊長です(涙)
智子の第一印象が『落ちこぼれで性犯罪者一歩手前』と表現されてて相変わらずだなとw
言い方は悪いですが旧版のハルカは足引っ張りまくってるくせに訓練もやる気なくて読者のヘイトを集めやすいキャラクターだったのですが、リブート版では智子への妄想癖強めで直接的な手を出すような事は控えめ、拗らせちゃった熱狂的ファンくらいの印象でした

     ____
   /      \
  /         \   でもハルカの症状が悪化するのは
/           \  アホネン大尉にレンタルされる2巻以降なんだよな
|     \   ,_   |  智ちゃんも●●●●●されちゃうし
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

築地先生ハルカをどこまで動かすのか注目ですね

003A_20180930194433d95.jpg
間違いなくリブート版で株をあげたエルマ
智子が隊長と思われがちですが、いらん子中隊の初代隊長はエルマさんなんですよ!!!
ストライカー整備班にツテを作ったり、オヘアの着陸癖を見抜いたり、ウルスラの飛行法から編隊のヒントを見つけたり。あとがきでも言及されていますがリブート版で追加されたエルマさんが隊長として頑張っている姿がホント癒し。自信もなくて弱腰ながらも部隊のために頑張るいらん子中隊の功労者。

ドラマCD登場はよ(切実)

004A_20180930195426fc0.jpg
エーリカ姉さまと仲良さげでほっこりウーシュ
アニメ版のよく喋るウルスラを知ってると驚くかもしれませんね。
まだこのころは「教科書からすべてを学ぶ」が信条の寡黙で人の話を聞かないマニュアル至上主義者。
サントロンの雷鳴でジェットストライカーの説明を卒なくこなすウルスラを見るに、スオムス時代にオヘアあたりがプレゼンの練習に付き合ったのかなーという妄想が捗りますね。旧版ではウルスラがアニメの性格へと変わる過程は描かれなかったので楽しみにしたいと思います

      ____
     /_ノ ‘ ヽ_\
   /(≡)   (≡)\    チーム最年少ということで実験が認められると年相応に喜んだり
  / /// (__人__) ///\   エーリカとの関係が追加されていたり姉妹仲良さげでほっこりでした!
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー’´    /

005A_20180930195654801.jpg
過去回想シーンは原案より迫力があったビューリング
部隊ではただひとり智子と互角にわたりあう実力者。智子といいビューリングといい実戦経験のある二人は強い。
1巻では厭世的な皮肉屋ビューリングの抱えている重荷と、ふとしたところで見せた智子への気遣いが印象的でした。旧版2巻以降はどんどん智子(いらん子中隊全体)の世話焼き係になるイメージのあるビューさん。『ネウロイ監視団』なる過去に繋がる単語も出てきましたね。次巻に登場するであろうあのウィッチとの関係にも注目です

006A_20180930195628545.jpg
クラッシャーじゃなかったオヘア
オヘアは相変わらず能天気な性格でしたがリベリオンとブリタニア(米国と英国)の関係を引き合いにビューリングとのジョ-クめいた会話が多くなりましたね。ビューリングもですが皮肉とユーモアたっぷりなセリフ回しが特徴的な築地先生の文章に影響がでているなとも。


【そのほか気になった事】

・衝撃!ハッキネン司令はエクスウィッチだった!
・アホネン大尉お高くとまった嫌味なライバルポジですが良い人なんですよ
・零に登場していた扶桑の皇女様の名前
・サッチ大尉。のちの508JFW隊長。のちの孝美さんの上司
・使い魔描写なし。
・1939年。ブレイブウィッチーズ本編の5年前。配属されても数週間で半分になる大戦初期の欧州戦線の背景。
・銀のネウロイ。実体弾で攻撃してくるネウロイ。ビーム攻撃への転換期
・しっかりとした基地もないJFWの雰囲気とも違う寄り合い所帯の雰囲気
・整備兵などの描写は控えめ。プリクエルほどシリアスビターな雰囲気は無く作風がまた違います

設定の変更に関してはアニメや現行のワールドウィッチーズに沿った形になりました。個別の言及は控えますが使い魔とのコミュニケーション描写が無くなったのは少し残念でしたね。アニメでは画面がうるさくなってしまうので省略される使い魔設定。『いっしょだよ』のノベライズではサーニャが自身の使い魔の黒猫を気遣う様子が描かれていたりとノベルでしかできない使い魔とウィッチの信頼関係が見れる描写なのであっても良かったかなと個人的には思います。

018_20181108225759090.jpg

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     止まっていた時が動き出したいらん子中隊リブート!
      /( >)  (<)\ )     ストーリーに大きな変更はないので旧版を読了済みだと
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    『こんな展開だったな~』予想しながら楽しく読むことができると思います!
    |    (⌒)|r┬-|     |    ヤマグチノボル先生が残した旧3巻を超えて
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/    智子たちはどこへ向かうのか続刊が楽しみです!
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ’、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー—‐一’ ̄





Source link