まとめ 楓「つまり私が彼女ということですね!」武内P「え?」



http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1578872881/

1 : ◆SbXzuGhlwpak 2020/01/13(月) 08:48:02.13 ID:xqbL+/ek0

注意事項

・武内Pもの

・武内Pもの

――夜の初めごろ、346プロダクション

武内P(さて。一段落つきましたし、今日は帰り――ん?)

ドア<コンコン

武内P「どうぞ」

楓「プロデューサ~、大変ですよプロデューサ~」フラフラ

武内P「高垣さん? 少し酔っているようですが、何かあったのですか?」

楓「急いで確認したいことができたので、タクシーでここまで来まし――」

武内P「高垣さん……?」

楓「タクシー……宅sea……帰宅sea? 海辺のホテルに泊まっている時に、これは使えますね……ッ!」

武内P「…………はい。ライブや撮影等で海辺のホテルに泊まる機会に、ぜひ」

楓「――今のは海辺の温泉旅館に一緒に行きましょう、というお誘いですよね?」

武内P「…………高垣さん。どなたと、どのぐらい飲んでいましたか?」

楓「瑞樹さんと早苗さん、それに友紀ちゃんと――えっと、ビール3杯に日本酒3合のほろ酔い状態です。ご機嫌です。プロデューサーが困った顔をしながら構ってくれているので、さらに上機嫌です♪」

武内P「川島さんたちと飲んでいたにしては、解散するのが早いですね」

楓「そうでした。プロデューサーに確認しなければいけないことがあったんです」

武内P「ええ、帰宅seaのインパクトが強かったので忘れていました。それで私に確認したいことは何でしょうか?」

楓「プロデューサーは独身ですよね?」

武内P「え? そうですが……」

楓「彼女もいませんよね?」

武内P「……残念ですが」

楓「つまり私が彼女ということですね!」

武内P「え?」

楓「え?」

武内P「……」

楓「……」

武内P「あの……」

楓「どやぁ」

武内P「どやぁ、ではなくてですね」

高垣楓





Source link